スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノセダ

N響の放送ご覧になった方が多いとおもいます。

ノセダのベートーベンめっちゃ良かったですね。

感動、感動、感動でした。

ベートーベン交響曲第5番運命はクラシック音楽のジャンルでは
もっとも有名な曲ですよね。

僕も若かりし時に、死ぬほど指揮しました(笑)

オーケストラも演奏しなれてるので、練習なしなんてのは当たり前でした。
だから、ぶっつけ本番なので指揮者の解釈はあまりできなかったんです。

なので、ノセダの運命はベートーベンに対する解釈、思い入れが満載で
素晴らしいと思いました。

特に良かったのは四楽章のオーボエとピッコロのアーティキュレーション。
オーボエはソロになった時にレガートで演奏されていました。
あの解釈はとてもいいですね。
ピッコロは大活躍するのですが、ヴァイオリンとの合わせがあって気が抜けません。
ノセダはとても自由に演奏させていて素敵でしたね。

ベートーベンのスコアは少し前はブライトコプフ版、今はベーレンライターの新全集が
主流なのですが、

ノセダはオイレンブルク(おそらく)のミニュチュアを使っていました。

しかも、ちゃんとめくっていましたね。
自分の解釈が確立しているから自分のエディションが出来上がっているのでしょう。
古典派のカテゴリーの中で最大限の解釈をしていて、勉強になりました。

最近、ベートーベンのスコアを開いていないので、久々に見てみようと思っています。

ノセダは僕の一歳上なんです。

頑張らねばいけませんね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。