スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサンブルエテルナ練習

忙しさにかまけて更新していませんでした。
すみません。

昨日の夜は、我がアンサンエテルナの練習。

信長貴富さんの、青空と海を練習しました。

青空の詩は青木景子さん。
青木さんの詩は暗い印象が強いですが、
青空は子供目線を感じる詩です。
作曲家もメロディー、ハーモニー共に遊んでいる印象。
曲が短い事もあって方向が見えて来ています。

問題は海です。
谷川俊太郎さんのシュールな詩に作曲家は調性判断が
難しいほどのハーモニーをつけています。
移動ドの人には読み替えが大変です。
この曲はどんどん調性が変わって行く上に、
無調に近い部分もたくさんあります。
減音程が多いのも特徴でストラヴィンスキーが
春の祭典で多用したドッペルコードも使っています。

苦労していますが、出だしと、最後は旋法の
ドリアとフリギアを使って日本的な雰囲気を醸し出しています。

難解な曲ですが、お客様にはどう聞こえるのでしょう?

楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。