スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブン・ローチ先生

昨日、芸大の特別招聘教授であるスティーブン・ローチ先生の授業を
見学しました。

ローチ先生はローマ歌劇場を25年間にわたり支えて来たコレペティです。
コレペティとは歌手にオペラの稽古をつける重要なピアニストの事で、
先生は世界的に有名な方です。

レッスンの途中で、お前振ってみてと言われてビックリ仰天。
ローチ先生のピアノで指揮できるなんて思っていても無かったので
天にも昇る気分で振らせてもらいました。

モーツアルトの「コシ・ファン・トゥッテ」を指揮しましたが、
音楽が流れて、溢れ出る雰囲気は信じられない世界です。
なんちゃってイタリア語の私ですが、とても分かりやすく話して
下さって感動しました。

レッスンが終わった時に、僕の名前をうる覚えだったらしく、
ciboと呼ばれました。
ciboはイタリア語で食べ物の事。

食べ物じゃないです。といったら、うけてくれました。

イタリア人を笑わせるなんて、なかなかのセンスでしょ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。