スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーラー考

昨日聞いたマーラーの交響曲8番は、まさにマーラー。
インバルの指揮は熟練の域に達し、ラストではホールが鳴り響きました。

昨日の編成は約300人(オケ90人、合唱200人位)で
決して大人数ではありませんでしたが、芸劇にちょうど良い感じで、
ありがちな大音響ではなくホールにあったものです。

この曲は、第一部と第二部に分かれていて演奏時間は90分、休憩無し。
二部の冒頭は、ちょっと飽きる感じをうける事が多いですが、
全くそんな事は無くてラストへ向かっての序章として成立していました。

何と言ってもソリスト陣が素晴らしくて感動。
大編成のオケと合唱を超えてくる歌唱は客席に届いていました。
ソプラノ3人、アルト2人、テノール1人、バリトン1人、バス1人の
ソリストをそろえる事は容易ではありませんが、日本の声楽陣の実力は
素晴らしいの一言です。

終演後に友人のソリストと話しましたが、歌っている方は大変で、
死にそうと、言っていました。

今日は「みなとみらいホール」で本番です。
今日もゲネプロはあるそうです。

体力、気力ともに、
信じられません。

今日も聞きたかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。