スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランデンブルグ協奏曲

学校が終わり、ぽっかりと暇ができたので、
学生時代に習っていたリコーダーを引っ張り出してきてさらっています。

リコーダーはバロック以降、ほとんど作曲家に取り上げられていないので、
みなさんの中では古い楽器、もしくは小学校で習うイメージが強いでしょうが、
現代の作曲家も手がけていて、日本では広瀬量平の「オード」なんかは有名です。

本題に入りますが、バッハのブランデンブルク協奏曲は六曲あって、
第二曲と第四曲にリコーダーが入っています。
二曲とも難曲ですが、第二曲のFdurは何とか吹けそうなので
頑張っていますが、これが、中々大変です。
ピアノもそうですが、学生時代は毎日練習していたので、
指が回っていましたが、頭では分かっていても、指がついて行きません。
とりあえずは、この一週間でものにすべく頑張ります。

ちなみにリコーダーって昔は墓守が暇つぶしに吹いていたんですよ。
何でリコーダーっていうかと言うと、
Recorderは記録するって事ですが、小鳥の声を真似て吹いていたので、
小鳥の声をレコードするということなんですね。
それとリコーダーとフラウトドルチェは同じ意味です。

さて、リコーダーさらったら、またプールでも行きますか。
先週のプールはあまりにも快適で感動しました。
今日も娘の息継ぎの練習です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。