スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チマローザ「秘密の結婚」

今年の芸大定期オペラの演目はチマローザの「秘密の結婚」です。

チマローザはモーツァルトと同時期の作曲家で当時人気の作曲家の一人でした。

内容はジェローニモの娘が三人いて次女のエリゼッタとロビンソン伯爵を
結婚させようと画策しているのですが、ロビンソン伯爵は三女のカロリーナ
を気に入ってしまい結婚しようとします。
でも、実はカロリーナはパオリーノという平民と秘密で結婚をしてしまっています。
そこで、ひともめ、ふたもめ色々あるのですが、ラストは見てのお楽しみです。

娘が伯爵と結婚すると地位も名誉も経済的にもとっても潤うんですね。
しかも爵位はそう簡単には手に入りません。
ここがこのオペラのポイントです。

僕は毎年、合唱指揮を担当していますが、今回のオペラは合唱がありません。
というわけで、副指揮を担当しています。

出演者は芸大の大学院の二年生。
晴れのデヴューです。

本番は10月。芸大のホームページを見てくださいね。

指揮はダグラス・ボストック先生
演出は松本重孝先生です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。