スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテン語

今日は、毎週指導しているアンサンブル・エテルナの練習日です。
ヴィクトリアのレスポンソリウムの音取りが終了して、今日から言葉をつけて練習します。

みなさんラテン語というとなじみがない方が多いと思いますが、1965年にヴァチカンで
行われた第2ヴァチカン公会議以前は、カトリックの典礼はラテン語で行われていました。

ラテン語の難しいところは、単語にも格があるところです。しかも7格もあるので、覚える
だけで大変です。逆にいえば、単語ひとつでほとんどの意味が分かるので、便利なのですが。
極端な話、英語のように語順で意味が変わる事が無いのです。ですから、どんな順番で読んでも
意味は変わらないということです。

ドイツ語などは膠着語(dieなどを付けて格を変える)ラテン語は屈折語(単語の最後を変化させて格を表す)
といわれています。

現在、ラテン語は死語です。ローマ帝国で話されていた言葉は現在では話されていません。
一部、マニアの人々でラテン語の詩の朗読を趣味にしているみたいですが、あくまで例外です。
とくにイギリスでは盛んです。ネットで調べるとたくさんのサイトがあります。
興味のある方は、のぞいてみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

千葉先生こんばんは♪

学生時代に、一般教養で選択したのですが、難しくて挫折しました~(>_<)

後悔しきり…です(TT)

たしかに

たしかにラテン語は難しいですね。でも、初めて見ると、とても面白いですよ。
趣味として勉強すると良いですね!

そうですね

…そうですね…。
思い返せば、学生時代、合唱の時間の歌詞はラテン語でした…(^^;)
(キリエとかアニュス・デイとか歌ってました)
また勉強してみますp(^-^)q♪

ラテン語の辞書

明けましておめでとうございます。

昨年は「第九」で大変お世話になりました。有り難うございました。
今年が先生にとりまして健康で充実した一年になりますようにお祈り申上げます。

さて、来年「レクイエム」を歌う事になりましたので、この機会にラテン語の辞書を購入しようと思っています。しかし、どれを購入したらよいか迷っています。
初心者向けで良い辞書がありましたら、ぜひ教えて戴けますでしょうか?
お忙しいところ恐れ入りますが、宜しくお願い致します。

Re: ラテン語の辞書

そうですね、定番は研究社の羅和辞典です。これは、最近改訂版が出たばかりなので、
オススメです。それと、英語が得意であれば、オックスフォードの羅英もコンサイスで
良いですよ。
ただし、気をつけないといけないのは、ラテン語は格が分からないと辞書が引けないことです。
何しろ、七格も変化するので大変です。文法をゼロからは大変なので、白水社から出ている
インデックスラテン語があれば、ほとんど理解できると思います。
ミサ曲だけのためであれば、ミサ曲ラテン語・教会音楽ハンドブック(ショパン)や
レクイエムハンドブック(東京音楽館)でも十分です。

有難うございました。

千葉先生こんばんは。御忙しい中御回答戴き有難うございました。

まずは、「インデックス・ラテン語」から始めてみることにします。

これから、御教え戴いた書籍等で色々勉強させていただきます。

御礼が遅くなり申し訳ございませんでした。

有難うございました。
プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。