スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャランティー

いきなりお金の話で申し訳ありません。

先日、芸大で、あるコレペティ(オペラのピアニスト)と
Facebookで、盛り上がっていたのですが、日本って、なかなかギャラの
話をしないよね?との話。

ちなみにこの先生はオーストリアで素晴らしいキャリアを積んで帰国、
今は、ある大学の教授も務めています。五ヶ国語、ペラペラ(すごい)

考えてみると、ギャランティーは皆さんにとっては給料見たいなものですよね。
それを、初めに決めるのは当たり前です。
でも、何となく決めないまま始まって、終わってみたら、信じられないギャラだった。
と言うことも、たまにはあるんですよ。

今は、どこから仕事もきても、いくらですかと聞けますが、これからは、みんなで
ちゃんと言おうと、その先生と盛り上がっています。

反面、若者で仕事も出来ないのにギャラの話をする輩もいますが、
問題外、ちゃんと仕事覚えてから言えって感じです。

僕がギャランティーを提示できるようになったのは、40才過ぎてからですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。