スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝た~

近頃、五時前に起きる事が多かったのですが、
何故か、今日は7時30分まで寝ました。

長く寝ると気持ちがいいものですね。
やはり、人間は睡眠が重要だと思いました。

理由はは分かりませんが、もしかしたら昨日の夜、
テレビで、メシアンの「トゥランガリア交響曲」
を聞いたかも知れません。

メシアンは現代の大巨匠ですが、やはりいい曲ですね。
この曲の特徴は、ピアノとオンドマルトノがソリスト
として入っている事です。

オンドマルトノとは、今でいえばシンセサイザーみたいなものですが、
一時期、フランスでは、多くの新しい楽器が開発されました。
有名なものではテルミン。これは日本でも一時期はやりましたね。
オンドマルトノもその一つで、メシアンがトゥランガリアを
作曲していなかったら、消えていたと思います。

おそらくこの曲以外でオンドマルトノの有名な曲は無いと思います。

という訳で、この曲はトランス作用があって、人を眠りに誘うのかも
知れません。
ただし、演奏によります。
昨日のプレヴィンは素晴らしかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
いつも質問で申し訳ございません。
先日のメシアンを聞いた友人が(趣味はロック演奏です。)「凄く良かった。こういう系で他にお勧めありますか?」と聞かれました。しかし、恥かしながら答えられませんでした。
お勧めがありましたら、ぜひお教え下さい。
宜しくお願い致します。

Re: タイトルなし

メシアンでは、他には、なかなか無いかも知れません。ピアノ曲には、いくつかありますが。
例えば、ストラヴィンスキーの火の鳥(全曲か組曲)は盛り上がりますが、如何でしょうか?
ただし、無調ではありません。春の祭典は良いですが、終わりが、今ひとつですね。
シェーンベルクのグレの歌もてですが、ちょっと飽きるかも。

Re: タイトルなし

メシアンでノリがいいのは、他では、あまり無いかもしれませんね。
例えば、ストラヴィンスキーの火の鳥とか春の祭典は盛り上がりますよ。
春の祭典は最後がズッコケるかもしれませんが。
火の鳥はかっこ良く終わります。
組曲版と全曲判があり、オススメは全曲です。

花様

> メシアンでノリがいいのは、他では、あまり無いかもしれませんね。
> 例えば、ストラヴィンスキーの火の鳥とか春の祭典は盛り上がりますよ。
> 春の祭典は最後がズッコケるかもしれませんが。
> 火の鳥はかっこ良く終わります。
> 組曲版と全曲判があり、オススメは全曲です。

有り難うございました。

おはようございます。
花です。
その後、御身体は如何ですか?
お忙しいなか、いつも御丁寧に御回答戴き有り難うございます。

早速友人に申し伝えてみます。
有り難うございました。
御身体御大事になさって下さい。
プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。