スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラテー

昨日の夜、プラテーの第二回の打ち合わせが、ありました。
今回は、オーケストラの編成について話し合いましたが、
フレンチオペラでは、たくさんの楽器をユニゾン(同じ音)で
演奏する事が多く、それが特徴でもあります。

ベーレンライターから出ているラモー全集の楽譜では、
ピッコロ2、フルート2、オーボエ2、ファゴット2
バイオリン、ビオラ、アルトガンバ、テナーガンバ、バスガンバ、コントラバス
とチェンバロの通奏低音がつきます。

あまりにも大編成なので、出来るだけ人数をしぼって、演奏しますが、
それにも限度があります。

制作サイドと音楽サイドの話し合いですが、お互いに良いものを作るベクトルは
変わらないので、とても有意義な話し合いに成りました。

とても良いプロダクションです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。