スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディ

最近の僕の悩みは、車です。
はじめはTTクーペで決めていたのですが、友人のアドバイスで他の車との検討を始めました。
候補はA4です。ディーラー(アウディフォーラムジャパン)からカタログを取り寄せて検討中です。

アウディについて、ひとつ感動した事があります。
お昼ぐらいに電話をして問い合わせると、夕方には詳しい資料をもって営業の中本さんが家までくる事
です。もちろん郵送の時もありますが、その時は郵送で申し訳ありませんとの一筆がそえてあります。
これを読んで、「思うつぼ」と思う方もいるかも知れませんが、僕が思うのは、年を重ねて行くと価格
よりも満足感に重きを置くようになるということです。
ちなみに僕は今年で46歳になりますが、若い時はサービスよりも、価格の安い店を選んでいました。
でも、今、思う事は、付加価値の重要性です。

音楽家としてお客様に対して、どのような付加価値を提供できるか、がこれからの課題です。

皆さんは、どう思われますか?コメントお待ちしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

付加価値について

千葉先生のおっしゃる通り、付加価値は重要です。

私も若いころは、価格の安さに重きを置いておりましたが、車1台買うにしても、女一人でディーラーと渡り合うのはなかなか困難なことであり、(先生のように外車を買うような身分ではなく)スープラからロードスターに乗り換える時の下取り交渉を一人でやった時には、当時家から近いディーラーよりも人間的に信頼できるサービスのしっかりした、ちょっと離れた大きいディーラーで買うことにしました。

その営業担当さんは都内から千葉に引っ越しても点検のたびに車を引き取りに来てくれたことを覚えています。

また、サービスと言えば、デパートにしても本にしてもCDや楽譜1つ買うにしても銀座、日本橋あたりのサービスに慣れてしまうと、店員さんの豊富な知識とプロ意識が違って他では買う気になれなくなってしまいます。

特に輸入版などはこちらもよく知らないのにちょっと曲名を言っただけで、何種類も候補を挙げてきたり、(知らない)出版社を上げてきたり、同じスコアでなぜ価格が違うのかさらっと説明できたりするので、話しが速く、無駄な時間と労力を使わずに済みます。

時間と体力で自分で探せた頃と違って、短い時間(Time is moneyです!)と最小限の体力(しかないもんで(^^ゞ)で必要なものが手に入るのであれば、インターネットより多少高くても、買ってしまうのが消費者の心理かもしれません。
すべての人がそうとは限りませんが・・・。

音楽における付加価値・・・「付加」価値かどうかはわかりませんが・・・私は観客の立場から見ると、やはり、演奏を楽しんでるオケメンバーや指揮者に魅かれてしまいます。

ヨーヨー・マと肩を組まんばかりにステージにニコニコしながら登場したマリス・ヤンソンスの姿は、それをほほ笑んで見ているバイエルン放送響のメンバーの笑顔と共に、1年以上経っても忘れられません。

また、私事で恐縮ですが、先日アンコールで威風堂々を歌ったのですが、その際、合唱メンバーがいろいろな国の旗を持って、客席通路に入場し、観客と一緒に歌ったことが、メインの曲を差し置いて、お客様の反響が大きかったこと。
プロムスを思い出したというご感想をいただいたことは、大変光栄と共に一種の衝撃でした。

舞台経験が少ないものですから、お客さんと一体になって音楽を奏でるということの重要性が今回初めてわかりました。
とても勉強になった公演でした。

http://amadeussociety.web.fc2.com/concert.html
アンコール:タンホイザー「歌の殿堂をたたえよう」、「威風堂々」

つまらない話しを長々とすみませんでした。



プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。