スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサンブルエテルナ練習

エテルナの定例練習。
今日もヴィクトリアのテネブレでした。

少しづつ、細かい部分を、突ついています。
全体像は、かなり出来て来たので、ちょっと違うアプローチの練習を変えました。

この曲は、全曲を通してドリア(レの旋法)なので、出来れば、曲間で音を取りたくありません。
少し、音が下がる傾向があるので、何とか是正するべく、頑張っています。

アカペラ(無伴奏)の難しさですが、何とか克服しなければなりません。

でも、ルネサンス時代は、そんなにナーバスでは無かったと思います。
ちなみに、ラの音が440ヘルツに決まったのも、わりと最近なんですよ。

ルネサンス時代は、資料が少ないので、音楽学では、主流ではありません。
自由に演奏出来るとも言えますが。
スポンサーサイト
プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。