スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノセダ

N響の放送ご覧になった方が多いとおもいます。

ノセダのベートーベンめっちゃ良かったですね。

感動、感動、感動でした。

ベートーベン交響曲第5番運命はクラシック音楽のジャンルでは
もっとも有名な曲ですよね。

僕も若かりし時に、死ぬほど指揮しました(笑)

オーケストラも演奏しなれてるので、練習なしなんてのは当たり前でした。
だから、ぶっつけ本番なので指揮者の解釈はあまりできなかったんです。

なので、ノセダの運命はベートーベンに対する解釈、思い入れが満載で
素晴らしいと思いました。

特に良かったのは四楽章のオーボエとピッコロのアーティキュレーション。
オーボエはソロになった時にレガートで演奏されていました。
あの解釈はとてもいいですね。
ピッコロは大活躍するのですが、ヴァイオリンとの合わせがあって気が抜けません。
ノセダはとても自由に演奏させていて素敵でしたね。

ベートーベンのスコアは少し前はブライトコプフ版、今はベーレンライターの新全集が
主流なのですが、

ノセダはオイレンブルク(おそらく)のミニュチュアを使っていました。

しかも、ちゃんとめくっていましたね。
自分の解釈が確立しているから自分のエディションが出来上がっているのでしょう。
古典派のカテゴリーの中で最大限の解釈をしていて、勉強になりました。

最近、ベートーベンのスコアを開いていないので、久々に見てみようと思っています。

ノセダは僕の一歳上なんです。

頑張らねばいけませんね!
スポンサーサイト

ばらばらでもいいんじゃない?

夜中にピアノを練習するために電子ピアノを購入しました

いざ、夜中に弾こうとしたらヘッドホンがないことが判明

本日、ヨドバシカメラで物色

数え切れないほどのヘッドホンを試しているうちに
SONY、ウォークマンのハイレゾ音源対応機種があることに気付きました

ヘッドホンを探すのを忘れて聞きいること一時間

Jポップ、洋楽、ジャズ、などなどたくさんのサンプルを聞きまくり
技術の進歩に感動です

最後に聞いたのはクラシック

ピアニスト、クライバーンのラフマニノフピアノ協奏曲第三番、第三楽章
カラヤン指揮、ベートーベン第九、第四楽章(アヴィロードスタジオ録音)
両方ともリマスター音源です。

驚くのは両方とも縦のラインがばらばらです。
ラフマニノフは合わせるのが難しくて有名ですが、それにしてもすごいばらばらさ

第九の方も冒頭の管楽器のばらばらさは素晴らしいと言えるほど
カラヤンはスタジオ録音でも間違ったままレコードにしているものがあるので
これもありなのか?と思いますが、バリトンのソロが入ってからテンポが
いきなり変わったりして????です

でも、両方とも聞いているうちに味が出てくるんですよね
これがクラシックのいいところなのかもしれません

今のオケでは考えられませんが、聴けば聴くほど面白かったです

結論は、ばらばらでもいいでしょ、です

も一つ言えば、
クラシックの録音は技術的レヴェルが低い
ジャズなどは古い録音なのに臨場感ばつぐんです
やはり、オケ録音は難しいのでしょうか?

結局、ヘッドホンは買わずに帰ってきました(笑)


若杉先生のベートーベン

師匠である若杉先生のCDはたくさん発売されています。

先日、知り合いの方からベートーベン交響曲第1番と第3番(kolner rundfunk-sinfonieorchester)
のものをお借りしました。

第1番は導入部をもつ古典的な作品です。
ただし一楽章の冒頭はハ長調の曲にもかかわらずヘ長調の属和音から始まります。
聞き始めるとなかなかハ長調に至らず調性がはっきりしません。
主題提示部(第一テーマ)でやっとハ長調に落ち着く感じなんです。
古典派からロマン派への移行が現れていて和声的な面白さが際立ちます。

第三番は「英雄」という名前で有名な曲ですが、英雄はナポレオンの事です。
ただし、曲が完成した時点で作曲家はナポレオンが皇帝になったことに激怒して
スコアを暖炉に投げ込んだという逸話もあります(破り捨てたという説もあり)
一楽章の冒頭は2小節、変ホ長調の和音がなり、すぐに第一主題へと突入します。
交響曲1番、2番には導入部がありますが、三番でほぼ導入部がないスタイルを
生み出しました。
これは脱古典派と言えるほど画期的な試みです。

さて、若杉先生の演奏は1977年の録音です。
オーケストラの鳴らし方が絶妙で第1番では小気味いいテンポで進んでいきます。
印象的な部分は四楽章の最後の和音。
ほんの少しだけためたアコード(和音)がオーケストラを綺麗に鳴らしていて、
古典派的演奏を踏まえながら曲の終わりで脱古典派を表現しています。

第三番ではゆっくりめのテンポを設定しつつも英雄的なテーマを朗々と歌い上げます。
僕の世代の指揮者にとってトラディショナルなテンポはカラヤンの影響が強いのですが、
あえて一世代前のテンポ感を意識しているように感じます。
四楽章は圧巻でテーマのヴァリエーションの一つ一つが生き生きしていて、
どんどん引き込まれていきます。

この録音をした時、若杉先生は43才。
僕の年齢よりも7才若いんです。

先生と僕を比較するのは失礼ですが、はたして自分はどのくらい先生から教えてもらった事を
生かせているか考えてしまいました。

この演奏は何度聞いても飽きることがなく、聞けば聞くほど発見があります。

聞いていると先生の指揮姿が目に浮かんできました。

若杉先生が亡くなって6年、奥様の羊奈子先生も昨年、天国へ旅たちました。

先生の業績に及ぶことはないにしても、これから多くの演奏を残したいと思います。

マーラー考

昨日聞いたマーラーの交響曲8番は、まさにマーラー。
インバルの指揮は熟練の域に達し、ラストではホールが鳴り響きました。

昨日の編成は約300人(オケ90人、合唱200人位)で
決して大人数ではありませんでしたが、芸劇にちょうど良い感じで、
ありがちな大音響ではなくホールにあったものです。

この曲は、第一部と第二部に分かれていて演奏時間は90分、休憩無し。
二部の冒頭は、ちょっと飽きる感じをうける事が多いですが、
全くそんな事は無くてラストへ向かっての序章として成立していました。

何と言ってもソリスト陣が素晴らしくて感動。
大編成のオケと合唱を超えてくる歌唱は客席に届いていました。
ソプラノ3人、アルト2人、テノール1人、バリトン1人、バス1人の
ソリストをそろえる事は容易ではありませんが、日本の声楽陣の実力は
素晴らしいの一言です。

終演後に友人のソリストと話しましたが、歌っている方は大変で、
死にそうと、言っていました。

今日は「みなとみらいホール」で本番です。
今日もゲネプロはあるそうです。

体力、気力ともに、
信じられません。

今日も聞きたかったです。

マーラー交響曲第8番

今日は東京都交響楽団、インバル指揮、マーラー交響曲第8番を聞きに
東京藝術劇場に行ってきます。

「千人の交響曲」といわれるこの曲。マーラーはオーケストラ、合唱、
ソリストを含め千人での演奏を想定して作曲しました。
実際は500人位で演奏される事が多いのですが、宇宙が鳴り響くと
形容されるほど、壮大な編成です。

編成の大きさから、なかなか演奏機会の無い曲で、一生のうちで何回も
聞ける曲ではありません。

マーラーのオーソリティであるインバルの指揮で聞ける事は幸せです。

果たして今日の演奏はどんな感じなのか想像すると楽しみです。

芸劇はホールの改修、パイプオルガンのオーバーホールもしたので、
ホールの響きの変化も楽しみです。

プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。