スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩ましきかなペータースからベーレンライター

今年の芸大定期はフィガロの結婚です。

4月から授業が始まるので楽譜を引っ張り出してきました。
そこで悩ましき問題が。

今までペータース版を使っていましたが、モーツァルトの現在の主流は
ベーレンライター版です。

思い切って今年からはベーレンライターに移行しようと思い
ペータースの書き込みを写し始めています。

楽譜には音楽以外の事(例えば演出的なことなど)もたくさん書いてあって
色々な指揮者、演出家などの指示があります。

これが面白くてたまりません。
例えば、ある指揮者はここは2つ振り、4つ振り。
バジリオのアリアをやる、やらない。
マルチェリーナのアリアも同じく。

ある演出家はコンテが出てきてから曲スタート。
バジリオがスザンナに触ったらスタートなど。
フィガロの結婚に対する様々なアプローチがあるんです。

それ以外にも調性の事、歌詞の内容、歌手の動き、ダメだし、など
どこまで写そうか悩ましい問題です。

ちなみに二つの版の違いはピアノ伴奏なんです。
もちろん歌の部分にも少し違いはありますが、
ピアノは全くと言えるほど違います。

でもってコレペティ(ピアニスト)によってはペータースのままで
ベーレンライターの小節番号とページを書き込んで使っている方も
多くいます。
ペータースの方が弾きやすく、ベーレンライターはスコアに忠実なんですね。

ベルディ、プッチーニではリコルディ版で決まりですが、
他の作曲家ではいろんな出版社から楽譜がでているので、
それを決めるのも指揮者の仕事です。

モーツァルトではベーレンライターの新全集が発行されてからは
ペーレンライターが主流になりました。

一方、出版社ではなく作曲家の問題もあって、
有名なのはブルックナーです。

原典、改定、ノヴァーク、ハースなど、同じシンフォニーでも違う
版が存在します。
これも指揮者が決めるものです。

一時期、全集出版が流行した時期がありました。
モーツァルト、ベートーベン、ドビッシー、ヒンデミットなど。
かといって新しい版が良いわけでもないのが問題です。

リヒャルトシュトラウスはオペラでもいきなりスコアを書いていたので、
ボーカルスコアは弟子が書いているものもあります。
従って間違いもあるし、スコアからピアノ譜を作るのでオケっぽくなかったり
するわけですね。

ここまでくるとカルマス版の事を書きたくなりますが、
仕事にならないので、ここまでにします。

仕事再開。
スポンサーサイト

宇都宮短大創立50周年 椿姫

先日の日曜日に宇都宮短期大学創立50周年 椿姫の公演が終わりました。

8月から宇都宮に稽古に通い始めて、あっという間の本番でした。

宇都宮短大としての本格的なオペラ公演は初めての事でしたが、
学生さんたちが全面バックアップしてくれて、
スムーズな進行ができました。

ヴィオレッタの大隈さんとの椿姫は、昭島「いさなの会」公演以来。
彼女は今では日本屈指のプリマドンナですが、彼女との共演は
何度も経験していて、阿吽の呼吸でのコミュニケーションは
ヴェルディの音楽を最大限に引き出せたと自画自賛しています。

会場は満席で熱気にあふれた雰囲気は、なかなか経験できないもので
自ずと緊張感は高まり地元のキャストの方々も素晴らしい演奏を
してくれました。

オペラには多くの方々が関わりますが、宇都宮短大の想いに
応えることができたと思っています。

どうか、一回で終わることなく次の公演につなげて欲しいと思っています。

みなさん、本当にお疲れ様でした。

ところで大隈さんとは再来週にアンサンブルエテルナの定期演奏会で
モツレクで共演します。

これもまた楽しみ。

まだチケットが買えますので、是非聞きにいらして下さい。

チケットはホームページからどうぞ。

環境

昨日、宇都宮に椿姫の稽古に行ってきました。

芸大から演出の直井先生と車で色々とオペラについて話しながら
一時間半のドライヴ。

楽しかったです。

稽古場所の宇都宮短大長坂キャンパスに着いて
車を降りると空気の良さにビックリ仰天。

初めて行ったわけではないのに何ででしょうか?

季節のせいもあるのでしょうが、
一月ぶりの地方の仕事のせいもあるのでしょう。

精神的にリフレッシュできました。

稽古が終わって外に出ると本当に真っ暗で、
足元もおぼつかないほどです。

ちなみに長坂キャンパスは高台にあるので、
宇都宮の街を一望できるんです。

目が慣れてくると星も見えてきて、
東京で仕事が終わって空も見ずに
慌ただしく電車に乗る日々を送っているのが
ちょっぴり悲しくなりました。

宇都宮の気風なのか、穏やかな雰囲気も、
とても良いです。

本番まで一ヶ月。

一度は餃子が食べたいです。

芸大定期オペラ

芸大定期オペラが無事に終了しました。

毎年ゲネか本番に、誕生日を迎えます。

49歳になりました。

来年で半世紀を迎えるんです。

微妙な気分です。

ところで、オペラの方はとても素晴らしい公演になりました。
毎年、合唱指揮をしていますが、良い合唱を作ることができ
満足しています。

誕生日の日は、娘と行きつけのビストロで食事。
娘にとっては久々のフレンチ、満喫していました。

本日は久々のお休み。
台風で何も出来ませんが、何もしない日にする予定です。

こんな日も大切です。

イドメネオ

今日は二期会のイドメネオの初日です。

いつも仕事を御一緒している大隅智佳子さんがエレットラで
出演します。

イドメネオは以前に日生劇場と芸大でアシスタントをしたことが
ありますが、客席で見るのは初めて。
楽しみです。

演出がかなり奇抜で妊娠してしまう役もあるらしいです。
まあ、現代の演出はザルツブルク音楽祭をはじめ斬新な演出が多いですね。

ドラディッショナルな演出は仕事で経験しているので、
今回は読み替えも理解できると踏んでいますが、
どうなることでしょう。

今日は金曜日なのにマチネなんですよね。

何故かわかりますか?

観客の平均年齢層が65才を超えているからなんですね。
ちなみにメトロポリタン歌劇場も同じそうです。

若者の観客層を増やさないとマズイですね。

がんばりまーす。
プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
指揮者、東京芸術大学講師。
オペラを中心にオーケストラや宗教曲もレパートリーにしている。

詳細プロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。