FC2ブログ

坂本九さん

 みなさん三週間のご無沙汰です。11月に入り、やっと秋めいて来ました。秋は演奏会の季節、たくさんの演奏会が開催されていますね。演奏する事と、聞く事は表裏一体。是非、演奏会場で生の演奏を聞いて下さいね!

 色々考えて理論講座と音楽エッセイを交互に掲載していく事にしました。もちろん理論は大切ですが、それ以外の楽しみもお伝えしていこうと思います。
よろしくお願いします!

 さて、今回は坂本九さんについて書きます。
偶然ですがYouTubeで坂本九さんの「上を向いて歩こう」を聞きました。何とも言えない感覚にしばし呆然。何が良いとかの問題ではなく心にスーッと入ってくる感じです。

ちょっと聞いてみませんか。
https://www.youtube.com/watch?v=SPWDhYiHl44

1961年に発売されて大ヒット。すぐにアメリカでもSUKIYAKIとして発売されて大ヒットしました。今聞いても新鮮に感じます。

音楽の良さって色々ですが、歌の良さは歌詞があると言うことですよね。どんなに頑張っても楽器からは言葉は出てこないですから。

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
思い出す 春の日
一人ぼっちの夜

これは一番の歌詞です。著作権の問題があるので、これ以上は載せられません。すみません。作詞は永六輔さんです。数々の名曲を世に送り出した方ですよね。
この歌詞を何度か読んでみて思うのは、悲しいシチュエーションを表現しているのに前向きであると言うことです。
先の歌詞を見ても主人公が現在、幸せかはわかりません。でも、思い出すから過去の話をしているのは確かですね。

そして、お次は
https://www.youtube.com/watch?v=K_CbRPws01E
何も考えないで聞いてみて下さい。

「心の瞳」です。
僕はこの曲を知らなかったのですが、もう10回以上聞いています。

心の瞳で 君を見つめれば
愛すること それが

どんなことだか わかりかけてきた

言葉で言えない 胸の暖かさ
遠回りをしてた 人生だけど

作詞は荒木とよひささんです。
サビ前までの歌詞ですが、これだけでも、それぞれの人生の機微を感じさせると思いませんか。掛け値無しに良い歌詞ですよね。

今回は坂本九さんの二曲を紹介しました。
昔は良かったと言うセリフは日本書紀の中にも書いてありますが、いつの時代も同じなのでしょうか。

でも、あえて言いたい。最近の曲(ジャンルを問わず)は日本語を愛でる気持ちが無い。色々なアイドルグループが乱立しています。ほとんどの曲ううは何の意味もなさない、心に響くものは皆無です。

はっきり言えば音楽の劣化です。
坂本九を聞いて心がほっこりする心を大切にしたい。
音楽は人の人生を変えるほどの価値のあるものです。

「心の瞳」は坂本九さんの最後の曲です。1985年に坂本九さんは飛行機事故で亡くなりました。坂本九さんと言うと事故のイメージが強いですが、それとは全く関係なく素晴らしい歌手であった事を忘れてはいけないと思います。

最後に坂本九さんの人柄を偲ぶ動画があります。テレビ朝日「徹子の部屋」に出演した坂本九さんのお話は、今の時代では受け入れられない部分もあるかもしれません。でも家族のあり方、人としての生き方は変わりないと思います。

音楽に関わらず、最後はその人の人間性が全てだと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=OEcvGV-Z8H8

 最後にアンサンブル・エテルナでは、こんな音楽を一緒にやりたいという方を募集しています。
音楽の楽しさはもちろん、聴いた人を幸せにする音楽が出来る合唱団を目指しています。
合唱の強みは言葉がある事です。それを大切にしていきたい。

一緒に歌ってみたいという方は、是非、連絡を下さいね!


















スポンサーサイト



簡単音楽理論講座3

簡単音楽理論講座 合唱を楽しむために3

前回の『平行オルガヌム』はいかがでしたか?
グレゴリオ聖歌よりは眠くなりませんでしたよね。ハーモニーがあるだけで響きの豊かさ
が加わり表現の幅が一気に広くなって来たのを感じて頂けたと思います。
オルガヌムの始まりは9世紀のムジカ・エンキリアディス(音楽教程)という書籍ですが、
どうでも良いので覚えなくて良いです。興味のある方はネットで調べて見て下さいね。
傾向として学術的に探求し始めるとマニアの世界に入って演奏を楽しめなくなる人が多い
ので、程々にしましょう。

今回のテーマは『教会旋法』です。

ちょっと引き気味の皆さん。今回も懇切丁寧に解説しますので大丈夫ですよ。

先ずは旋法のお話から。
ヨナ抜き旋法って聞いた事がありませんか?小学校の音楽で習った方がいると思います。
ドレミファソラシドから4度(ファ)と7度(シ)を抜いた音階です。5音階と言って5個
の音が並びます。

はーるばる来たぜ函館♫ 歌詞を見ただけでメロディーが浮かびませんか?北島三郎さんの有名な歌です。和旋法と言われるもので、われわれ日本人の体に染みついた5音階構造の曲となっています。ピアノなど楽器をお持ちの方はドレミソラドと演奏してみるとよく分かりますね。和旋法には、更に陰旋法と陽旋法がありますが気にしなくて大丈夫です。覚える必要もありません。 

もう一つだけ例を挙げるとピアノで黒鍵だけを弾くと中国音階になるのは有名ですよね。音楽室で遊んだ方もいると思います。これは6音階です。

こういう感じでドレミファソラシド音階から音を抜くことで雰囲気、地域性などが表現できるのが『旋法』です。


ここからが本題の教会旋法です。少し我慢して読んでくださいね。

先ずは和旋法などと違い音を抜く事はありません。
始まる音が違うだけです。7音階と言います。

基本は4つの旋法です。
 
ドリア レミファソラシドレ(レの旋法) 
フリギア ミファソラシドレミ(ミの旋法)
リディア フォソラシドレミファ(ファの旋法)
ミクソリディア ソラシドレミファソ(ソの旋法)

以上の4つです。正しくは正格旋法と言いますが、これも覚えなくて大丈夫です。
さらに変格旋法が4つあって合計8種類あるのですが、これも無視して構いません。
覚える労力よりも歌って聞いて感じる方が大切ですね。

でも正格旋法だけ覚えると便利です。
覚え方は簡単。

ドフリミと覚えてドリア、フリギア、リディア、ミクソリディアと出てくれば良いですが、無理する必要はありません。おいおい覚えて行きましょう。

ピアノでイメージすると白鍵だけでレから始まるのがドリアというわけです。
後は続いてミから、ファから、ソから7つ音を弾くだけです。
ピアノ以外の楽器でも良いのですが鍵盤の方がイメージをつかみやすいですね。

参考までに旋法は英語・フランス語でmode(モード)と言います。ファッションで今年のモードとか言いますよね。流行という意味です。中世に教会で流行ったという事です。

以下、参考音源です。

https://www.youtube.com/watch?v=zXxQ4Blm6_U&list=PLiwoqcdw_13lpytZ1pYgt_1R4jk1Snt9A&index=1
オルガン音での演奏です。応用例が出ていますが、こちらは参考程度で良いですね。
ロクリアン旋法も出ていますが、これは覚えなくて問題ありません。

また来週(おそらく)!

簡単音楽理論講座2

簡単音楽理論講座 合唱を楽しむために2

今回も引き続き、簡単音楽理論講座2をお届けします。
前回のグレゴリオ聖歌を聞いてみて、どうだったでしょうか?
眠くなった方は正常です!私も15分で確実に眠くなります。本当です!
肝心なのはウネウネ感がない響きを感じてもらえれば十分です。

今度はオルガヌムについてのお話です。
オルガヌムとはギリシャ語の道具からラテン語になった言葉です。楽器のオルガンも同じ語源ですね。ちなみにオーガヌム(英語)は、ある事をして気持ちがいい状態を表します。ちょっとエッチなお話ですが心地よいと言う意味だと思ってもらえれば正解ですね。

オルガヌムには色々種類があります。

1、 平行オルガヌム(全ての声部が平行に動く)
2、 自由オルガヌム(斜進行や反進行をする)
3、 メリスマ的オルガヌム(低音部で同じ音の持続に対して上声部が自由に動く)
4、 ノートルダム学派のオルガヌム(面倒なので割愛)

以上四種類です。
すでに眠くなったり、つまらなくなった方が多いでしょうね。とりあえずは平行オルガヌムだけ覚えてもらえれば大丈夫です。他は無視してもオッケーです。

平行オルガヌムって何だ?と思っている貴方。とても簡単です。説明します。

第一声部 ド、レ、ミ、ファ、ソ、ファ、ミ、レ、ド
第二声部 ソ、ラ、シ、ド、 レ、ド、 シ、ラ、ソ

と歌うだけです。簡単ですよね。楽譜を貼り付ければもっと分かりやすいですがスキルがないのでご勘弁ください。早く対応できるようにします。

前回の音程で説明したのを覚えている方はドとソが何度か分かりますよね。

正解は完全5度です。

完全音程のまま上下に動くのが平行オルガヌムと言う事です。
前回は完全1度でしたが今回の完全5度などはハーモニー感があります。しかも、揃っている時と揃っていない時のウネウネ感が分かりやすいです。

実は完全な平行オルガヌムの音源は少ないのです。あまり気にしないで雰囲気だけ楽しんでみて下さいね。

女性による演奏
https://www.youtube.com/watch?v=3jmQzetW3yY
平行オルガヌムではありませんが完全音程の感じが分かります。
二つとも同じ曲ですが演奏が違うので興味のある方はどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=3oaRM1uDsw8

https://www.youtube.com/watch?v=KA6oq_UYbyA

簡単音楽理論講座1 合唱を楽しむために!

前回は私がどんな合唱団を作りたいかをお知らせしました。
今回から合唱を楽しむための簡単理論講座を始めてみようと思います。
出来るだけ簡単な説明をしていくので怖がらずに読んで下さいね!

音名はドイツ語、イタリア語、英語などバラバラなので日本語表記で揃えてしまいます。
分かりやすいのが一番ですから。

音程とは?

音程については私の指導体験からいうと上級者でもちゃんと理解している人が少ないようですね。音程を確実に分かっていると楽譜の読み方が一気に進む事請け合いです。

長短音程 2、3、6、7度(長短共に不協音程)
完全音程 1、4、5、8度(増減は不協音程)

上に書いた二種類の音程があります。他にはないので覚えてしまいましょう。
難しく考えないで完全音程は1、4、5、8と覚えると分かりやすいです。
音名でド ファ ソ ドでも良いです。
それ以外は長短音程という事ですね。

ここは大切です。
完全音程はぴったり揃うとウネウネした感じがありません。
だから完全音程と言います。
逆に言うと長短音程はウネウネします。

ウネウネの感覚は耳で感じるしかないのですが、ウネウネが無い音程を聞けば誰でも分かりますね。例えばグレゴリオ聖歌は単音ですが音程で言えば完全一度というわけです。
ユーチューブ等で聞く事が出来ますので聞いてみて下さいね。
長く聞くと絶対に眠くなります。就寝前に聞くのがオススメです。

グレゴリオ聖歌
デーラーコンソート(男性四人)の演奏です。

こんな合唱団にしたい

今の時代。アマチュアの団体(合唱・オーケストラ)が存続出来なくなって来ています。
理由は仕事がタイトであったり集団での行動が好まれなくなっているようです。
実際、大学ではサークルが存続出来ずに消滅してしまうほどです。
その中には長い伝統を持つ団体もあり文化としての集団意識が希薄になって来ていると言えるでしょう。

こういう時代に合唱団を始めるとしたらどんな合唱団が良いのか?また必要なのか?
自問自答をしています。

言い古された言葉ですが音楽は楽しむものです。
論語に「これを知る者はこれを好むものに如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」とあります。
楽しめるためには、知ること、好むこと、のプロセスを経て楽しむ事が出来るのです。

歌うことのスキルアップはもちろん、音楽理論の習得も並行していくことで合唱団のレベルを上げる方法を考えています。
理論を学ぶことに対してつまらないと思う方もいるかも知れません。
でも、理論から始めても意味はありません。ある程度演奏をできる段階で理論を学ぶと理解はとても早く進みます。演奏と理論は専門教育では当たり前ですが、アマチュアで実践している団体は少ないと思います。

この二本柱の実践で演奏のスキルアップを目指したいのです。

もちろん楽しむ事が一番です。
そして、もっと楽しむために練習や理論を学ぶというスタンスが必要だと考えます。

多くの人と一緒に音楽を楽しみたい。
音楽の素晴らしさを共有したい。
そして観客に聞いてもらう経験が最大のスキルアップであることを
分かってほしい。

一緒にやりたい方は是非ご連絡を下さい。


プロフィール

Yoshihiro Chiba

Author:Yoshihiro Chiba
千葉芳裕(指揮者)
 国立音楽大学卒業。指揮を若杉弘、三沢洋史に師事。ピアノを児玉邦夫氏に師事。1997年12月東京室内歌劇場第90回公演ヒンデミット作曲「長いクリスマスディナー」(グローブ座)でオペラデビュー。現在は二期会、日生劇場、東京室内歌劇場、新国立劇場を中心に活動している。 
 1999年小沢征爾指揮「ファウストの拷罰」の合唱指揮、2000年8月には〈日生劇場サマーフェスティバル2000〉において、「くさびら」「羽衣」(谷川俊太郎脚本、小森昭宏作曲)を指揮。2001年より毎年、芸大オペラ定期の合唱指揮を務めている。2002年5月の東京室内歌劇場第100回記念公演「ファルスタッフまたは3つのいたずら」では、怪我で降板した若杉弘氏の代役を急遽務め、公演を成功に導いた。2003年、秋田建都400年記念オペラ「押し花の愛」(NHKBSで放送)、「ヴェルディ協会マラソンコンサート」(東京文化会館)、「椿姫」(京都春秋座)。2005年、韓国でコリアンチェンバーオペラグループ公演、レハール「微笑みの国」ブリテン「真夏の夜の夢」を韓国国立劇場で指揮。この公演は韓国KBSテレビでドキュメンタリー番組が制作・放映された。2008年にはブラジル移民百年祭で招待演奏をした。さらに2008年からは昭島「いさなの会」の音楽監督を務めている。最近では「ルスコアール」などのアマチュアオーケストラも積極的に指揮をしている。オペラのみならずルネッサンス及びバロック期の合唱曲もレパートリーとしている。また、ジャズ、ポップス、ロックなどのレコーディングも数多く手がけている。現在、東京芸術大学演奏芸術センター講師、足利オペラリリカ指揮者、アンサンブルエテルナ指揮者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR